Q&Angel
「保育園という選択」について
「入園の心配事」について
「園児の毎日」について
「子育ての悩み」について
「年間行事」について
「教育方針と特徴」について
「子育て支援センター・一時保育」について
「教えて!Angel」メールでなんでも質問受付

「園児の毎日」について

1

どんな1日を過ごしているの?

保育園の1日の流れを紹介します。

どんな1日? Photo Gallery
0、1歳児の1日はコチラ
2〜5歳児の1日はコチラ

2

どんなカリキュラムに取り組んでいるの?

幼稚園とほとんど変わらない、充実したカリキュラムに取り組んでいます。

朝は0〜2歳であればリトミック、3〜5歳なら体育ローテーションと、まず体を動かすところから1日が始まります。
その後は朝の活動として、歌やプリントなどの日課活動、その他制作等をおこないます。そして園庭あそびや散歩、年長になるとクッキングをしたりします。ほかにも毎週水曜日には体操、金曜日には英語を外部から専門の講師を招いておこなっています。
心身ともに育てる多彩なカリキュラムは、保護者さまから「幼稚園みたいですね」と評判なんですよ。

3

どんな食事をしているの?

栄養士さんがつくった給食を食べています。
他にも、園の畑で収穫した野菜や、いりこを食べています。

ご飯は全員、給食です。おやつも出ます。給食は、栄養士さんがいて、子どもたちの様子を見たり、年に1回嗜好調査(おうちでの好き嫌い)をしながら、子どもたちにあったバランスの献立を立ててくれます。もちろん、アレルギー対応もしています。
他にも特色なのが、子どもたちが園の畑で収穫した野菜を使ったり、カルシウムを補うために「いりこ」を食べたり、「食育」にも力を注いでいます。

4

「食育」として取り組んでいることはありますか?

園の畑で野菜をつくったり、
年長さんになると給食を自分たちでつくったりしています。

食べ物の大切さを身をもって実感するために、体感型の食育に取り組んでいます。
そのひとつとして、園の畑で野菜を栽培しています。4歳児になると大豆からの味噌づくりを体験し、半年かけてつくったお味噌を畑で収穫したきゅうりにつけて食べたりもしています。
また、5歳児になると、当番制で自分たちの給食をつくる調理実習もおこなっています。

5

トイレットトレーニングはやってくれますか?

いっしょにやっていきましょう。園と家庭、両方で学んでいきましょう。

もちろん、トイレットトレーニングはやっています。でも、大切なのが「園と家庭、両方で身につけていこう」というスタンスです。日常生活のことですから、やっぱり保育園だけでのしつけでは足りない部分も出てきてしまいます。保護者さまもお忙しいとは思いますが、ぜひ家庭でも実践してみてください。子どもの成長が早くなるだけでなく、保護者さま自身、子育ての楽しさを実感できるはずです。